お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

東急コミュニティー 管理マンション向けにエネルギーサービス強化

 マンション管理を行う東急コミュニティー(東京都世田谷区)は、マンションの電力利用の最適化などを行うエネルギーサービス事業を強化する。このほど、経済産業省から、提供するエネルギーサービスが補助対象になる事業者「MEMSアグリゲータ」として選定された。今後、補助金を活用しつつ、同社が管理するマンションを対象に提案を推進。3年間で1万戸の導入を目指す。

 同社では、2012年末から、管理受託する既存マンションを対象に、共用部の電気料金を20~40%程度削減する高圧一括受電サービスを提案してきた。今年9月までに約1000戸での導入が決まる見通しだという。このほど、MEMSアグリゲータとして選定されたことを受け、一括受電サービスに加え、1棟全体でのエネルギー利用状況などを把握するMEMS(マンションエネルギーマネジメントシステム)の設置などを通じて、各住戸での節電に応じたインセンティブ付与といった新たなサービス提案を進めていく考えだ。

 なお、経済産業省の補助は、MEMSの設置をはじめとするマンションのスマート化に関わる費用の3分の1を補助するもの。130億円の予算を計上して行っている。補助を受けるには、MEMSやHEMSの設置などが要件。補助対象サービスを提供する事業者(MEMSアグリゲータ)は、同社を含め4月30日現在、24社となっている。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています