登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

電気自動車活用の非常時給水システム 住友不動産のマンションで導入

 住友不動産はこのほど、3月に竣工した新築分譲マンション「シティハウス横濱片倉町ステーションコート」(地上7階建て・総戸数112戸)に、平常時は入居者向けのカーシェアシェアサービスとして活用される電気自動車(EV)を、災害時には給水用電源として活用するシステムを導入した。

 停電などで通常の給水ポンプが停止した場合、敷地内に設けた貯水タンクの水をEVの蓄電池を用いて非常用給水ポンプから揚水し、マンション共用廊下に設けた蛇口(1、3、6階)から給水する。主にトイレの排水用としての使用を想定。なお、非常用飲料水(2リットルペットボトル)は別途、マンション内の倉庫に1050本備蓄(1住戸当たり3人の想定で3日相当分)している。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
2021年度 ジ・オープンMOGI
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています