お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

住宅購入時に重視する条件 「耐震性能」が7割 大成建設ハウジングが意識調査

 大成建設ハウジング(東京都新宿区)が実施した「災害時の住まいに関する意識調査」によると、住宅を購入する際に7割以上が「耐震性能」を重視することが分かった。また、静岡県内の居住者に絞って同じ質問をしたところ、8割以上が同様に回答した。

 住宅を購入する際に重視する条件について、74%が「耐震性能」と回答。2位の「価格」(40%)、3位の「耐久性能」(32%)を大きく引き離した。また、静岡県内の居住者は85%が「耐震性能」と回答。全体の回答率より10ポイント以上高く、東海・東南海・南海の三連動型地震の発生に対する懸念が影響しているとみられる。

 調査は6月12~14日にかけて実施し、「東日本大震災時に居住していた住居に不安を覚え、かつその住居に現在も居住している」と回答した20~69歳の男女600人を抽出して集計。このうち、静岡県内の居住者300人からの回答を別にまとめ、意識差の有無を調べた。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています