お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

中古の成約件数、マンションが再び前年比減 東日本レインズ、11月の首都圏流通動向

 東日本不動産流通機構(東日本レインズ)がこのほどまとめた首都圏における11年11月の流通市場動向によると、前月に震災後初めて前年同月を上回った中古マンション成約件数が、再び下落した。ただ、震災直後に2ケタを記録した下落幅は縮小傾向にある。一方で中古戸建ては、2カ月連続で前年同月を上回った。
 中古マンションの成約件数は、2497件(前年同月比3.9%減)。都県別では、埼玉県(342件、同0.9%増)が増えたほかは前年同月を下回っており、特に千葉県(300件、同15.0%減)の落ち込みが激しい。
 一方で成約単価(1平方メートル)は、38.18万円(同5.4%下落)。成約価格は2470万円(同7.2%下落)で、4カ月ぶりに2500万円を下回った。平均築年数は18.4年で、ここ数カ月目立った変化はない。
 中古戸建ての成約件数は、910件(同5.4%増)。横ばいの東京都(258件)を除く3県はいずれも前年同月比がプラスで推移しており、中でも埼玉県(202件、同16.8%増)の伸び率が大きい。
 また、成約価格は3027万円(同0.1%上昇)、平均築年数は19.2年だった。
(http://www.reins.or.jp/)

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています