登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

jinjer 企業調査で 電帳法対応に危機感 

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 バックオフィス向けクラウドサービス『ジンジャー』を提供するjinjer(東京都新宿区)は、3月に実施した『改正電子帳簿保存法対応に向けた課題に関する実態調査』の結果を4月にまとめた。企業各社は対応で〝危機感〟があることが分かった。

 従業員100人以上の企業のバックオフィス業務担当者の中で、同改正法の対応を「行っていない」と回答した503人に聞いた。その危機感が「かなりある」と「ややある」を合わせると、全体の半数超に上った。複数回答可で危機感の理由は、「対応の計画が立っていない」(49.2%)が最も多く、「猶予期間が短い」(44.6%)、「デジタル化の波に乗り遅れてしまう」(39.6%)、「社内で対応の必要性が理解されていない」(29.6%)と続く。

 企業として対応ができていない理由では、「システムが導入されていない」(41.2%)、「運用を整備する担当者がいない」(31.6%)、「社内で改正法を理解できている人が少ない」(31.0%)と回答している。自由回答からは、「どう対応してよいか分からない」との声もあった。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
先行登録キャンペーン
意外な誤解好評発売中
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています