登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

富士ソフト バーチャルイベント空間開発 気軽に交流・会話を

この記事を読むのに必要な時間:約1分

視聴だけでなく、話したい時に話したい人と気軽に会話ができる

 富士ソフト(横浜市中区)は、イベントや研修会、懇親会など向けにバーチャル(仮想空間)のイベント空間として、『FAMevent』(ファムイベント)=写真=を開発し、4月に提供を始めている。簡便にバーチャルでイベントなどを開催できる。視聴だけでなく、話したい時に話したい人とコミュニケーションしやすい。企業の顧客や従業員とのエンゲージメント(深いつながり)の向上を支援する。

 オンラインイベントが普及し始めているが、現状では、参加者が単に登壇者の発表を視聴するだけの形で開催されている。従来のリアルな場面の集合形式でのイベントでは当たり前だった人と人の交流が難しい。関係性が希薄化しがちで、対面で集まることによる臨場感や一体感の醸成などが創出しづらいといった課題感がある。

 同社は現在、同社の仮想オフィス空間『FAMoffice』(ファムオフィス)を活用し、社内1万人以上の全従業員が日々のコミュニケーションや顧客との懇親会のイベントなどで活用しているという。この技術とノウハウを今回の新サービスに応用している。イベントの主催者や参加者は、アバター(分身)で登場して参加できる。ビデオ通話や画面共有の機能などもあり、参加者同士で気軽に会話などを楽しめる。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
先行登録キャンペーン
意外な誤解好評発売中
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています