総合

賃貸住宅の役割やあり方探る 住宅改良開発公社 シンポジウム開く

 住宅改良開発公社(生亀孝志理事長)は12月3日、賃貸住宅の可能性を探る「あしたの賃貸プロジェクト」の一環としてオンラインシンポジウムを開いた。シンポジウムの開催は昨年に続き2回目。開会のあいさつで、生亀理(続く)

この記事は有料記事です。会員登録すると続きをご覧いただけます。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご覧いただけます)

会員登録 ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»