【不動産テック.BIZ PRESETS WEBセミナー】2022年、不動産実務はどう変わる? ー電子契約解禁で進むデジタル化ー

ノバルス 見守り新サービス  IoT電池で

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 コネクティッドバッテリー『MaBeee』(マビー)を企画開発するノバルス(東京都千代田区)は、不動産会社向けのシステムサービス『みまもりAir』の提供を始めた。高齢な入居者が24時間室内で動きがないなど異常を検知した場合にメールやアプリで家族や物件オーナー、不動産管理会社にアラート通知する。テレビリモコンなどのセンサー機器と電話のコールを併用して二重に安心できる。

 単三電池で動く製品をスマートフォンの専用アプリで制御する乾電池型IoT製品『MaBeeeみまもり電池』の技術を活用した。不動産管理会社などの負担を軽減し、収益の向上にも期待できる。

 部屋に設置した専用小型通信機器に同電池を入れると、電気機器やセンサー機器の利用履歴をクラウドに送信できる。管理画面で利用情報の確認や安否メールの受信ができる。異常検知センサーの仕組みは柔軟に設定できる。入居者に「監視されている」と感じさせない自然な見守りができる点が特徴となる。万が一の際には、オプション契約の別途サービスで法的手続きの代行や、残置物の撤去、特殊清掃などにも対応する。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
宅建登録講習申込2022
宅建解答解説2021
中古住宅活性化プロジェクトWEBセミナーお申し込み
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています