登記サービスならNTTデータの地図クラウドサービス - BizXaaS MaP

GMO 電子契約サービス マイナンバー実印を追加

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 GMOインターネットグループのGMOグローバルサイン・ホールディングス(東京都渋谷区)は、同社で開発・運営する電子契約サービス『電子印鑑GMOサイン』に、マイナンバーカードで本人確認ができる新たな機能として『マイナンバー実印』を追加した。本人確認時に書類などの郵送の手間がない。マイナンバーカードをスマートフォンにかざすだけで、即座に本人確認ができる(イメージ図)。

 従来の不動産契約などの厳格な本人確認が求められる場面で利用者は、サービス提供事業者に対して、印鑑証明書や運転免許証の本人確認用紙やその写しを郵送していた。その手配だけで数日以上が必要で、実際のサービスの利用開始日までに日数が掛かり、タイムラグが発生する。それが顧客の離脱する要因の一つになっていた企業は少なくない。

 今回追加した新機能は、同社の『電子印鑑GMOサイン』のオプション機能として提供を始めている。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
賃貸不動産経営管理士試験解答・解説2021
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています