登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

イタンジ 新機能「見積書機能」を搭載  

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 不動産テック企業のイタンジ(東京都港区)は、リアルタイム不動産業者間サイト『ITANDI BB』(イタンジビービー)に、「見積書作成機能」を追加した。利用する仲介会社は、同サイトの登録物件情報に基づいた日割り家賃や敷金・礼金、仲介手数料などの初期費用を「見積書」として自動で作成して、入居検討者に提示できる。

不動産各社で導入

 また、同社は、不動産賃貸業務DXサービス群『ITANDI BB+』(イタンジビービープラス)の顧客管理・自動物件提案システム『ノマドクラウド』を、不動産管理業のタイセイ・ハウジー(東京都渋谷区)の直営5店舗へ提供を始めた。タイセイ・ハウジーでは、導入済みでイタンジ提供のウェブ入居申込受付システム『申込受付くん』などと連携させることで、顧客情報の再入力作業の負担がなく、入居希望者の利便性が向上し、賃貸業務のDX化を一層加速させる。

 更に、イタンジは、『ITANDI BB+』のウェブ申込受付システム『申込受付くん』を、賃貸仲介のハウスメイトショップ(東京都豊島区)に提供を始めた。ハウスメイトショップでは、直営9店舗で先行導入する。

IT導入補助対象に

 同システム『ノマドクラウド』は、経済産業省が推進する「IT導入補助金2021」で、補助金対象のITツールとして認定されている。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
賃貸不動産経営管理士試験解答・解説2021
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています