登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

書評 『アフターコロナ時代の不動産の公式』 幸田昌則 著

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 本書は第2次安倍政権下で発生した3回目の不動産バブルと金融機関の融資姿勢の変化によるバブル崩壊、その直後に襲ったコロナ禍による不動産市況の変化を解説し、そこから「ポストコロナ」の不動産市況を予測したものだ。著者は長く不動産市況の分析に携わっており、3回目の不動産バブル発生とその崩壊を豊富なデータから丁寧に読み解く。

 そして、「コロナ特需」による住宅市況の活況と、商業施設とホテル事業の打撃といった変化を分析。更には、人口動態や気候変動などの外部要因にも触れながら、不動産市場の未来と新型コロナから学ぶべきことは何かを示唆する。A5判、228頁、価格1600円(税別)、日本経済新聞出版刊。

連載「新刊紹介」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています