登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

大言小語 期待がすぎると

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 1年経てばコロナも収束するのではないかと期待していたが見事に裏切られた。政府も第3波を甘く見ていたのかもしれないが、国民の側にも油断があったのではないか。実際、2回目の緊急事態宣言が出された後でも昼間の人出はあまり減っていない。誰かのせいにするのではなく、自分自身で管理を徹底して油断しないようにする「自助」が必要だ。

 ▼今年の住宅・不動産市場はどうなるのか。税制改正やグリーン住宅ポイント制度などの対策に加え、低金利も続いているので大丈夫だろうと〝期待を込めた〟予測がある。しかし税制改正などは政府頼みであり、今こそ、業界が自らの改革で未来を切り開かなければならない。まさに「業界自助」だ。

 ▼コロナ流行を機に働き方・住まい方改革が進み、これまでの常識が見直され始めた。そこから新たな価値観が生まれてくる。住まい方改革では、これまでの「職住近接」から「職住一致」へという価値観の転換が注目されている。在宅ワークで職住一致が可能となれば、通勤時代とは異なる豊かな暮らしがもたらされる。まさに生活のDX(デジタルトランスフォーメーション)だ。

 ▼これもまた甘い期待と言われるだろうか。ただ、「職住一致」には雇用形態を大きく変えなければならないだろう。雇用する側とされる側の理解が必要になる。誰かに期待するのではなく、個人一人ひとりの意識改革が必要だ。

連載「大言小語」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
住まいと暮らしの税金の本 2021年度版は予約受付中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています