お知らせ
ホームインスペクター資格試験のお申込

〝新常態〟まちづくりの論点整理 コロナ禍踏まえ方向性示す 国交省

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 国土交通省はこのほど、今後の都市政策のあり方について論点を整理した「新型コロナ危機を契機としたまちづくりの方向性」を取りまとめ、公表した。まちづくりに取り組む地方自治体や民間事業者などに対し、事業検討の参考としてもらうことを想定している。

 同取りまとめは6月から7月にかけて、都市政策関連のほか、建築、医療、情報工学などの有識者61人をはじめ、自治体や事業者などから個別にもヒアリングを行った結果を整理、集約したもの。

 基本的な方向性として、都市の持つ集積のメリットは生かしつつ、〝密〟の回避など「ニューノーマル(新常態)」(今週のことば)への対応により、感染防止と経済の両立を図るまちづくりが必要だと提唱している。

 具体的なポイントとして、複数の用途が融合した職住近接のまちづくりが求められると予測。またコロナ禍によりデジタル空間への注目度が更に高まったとして、データや新技術の活用に向けた取り組みも加速すべきだと提言した。加えて、自然災害発生時の感染症対策や、土地利用規制などによる事前防災を進めることの重要性を説いた。

 同省は今回の取りまとめを基に、今秋にも具体的な施策を議論する有識者検討会を設置する方針だ。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています