お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

「ロボット実装元年」に 住宅・不動産分野 スマートシティ化の側面も 清掃や警備、深刻な人手不足背景

この記事を読むのに必要な時間:約4分

 住宅・不動産分野でもロボットが本格的に導入され始めた。背景にあるのは現場の深刻な人手不足。ビルのメンテナンスを始め、商業施設や物流施設、住宅建築の現場でロボットが戦力として活躍し始めている。「ロボット実装元年」ともいえる動きがある一方、ロボットが本格的に導入される分野は、現状では清掃や警備、点検業務に限られている。今後、幅広い業務分野でロボット導入が可能となる条件は何か、事例を踏まえながら検証する。(桑島良紀)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

2020年度宅建登録講習は申込み受付中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています