お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

既存杭問題インタビュー 日本杭抜き協会専務理事 桑原秀一氏 解決方法を科学する 

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 使ったら元に戻す。子供でも分かる理屈。土地を引き継ぐ時も、構造物の「杭」を残置できないはず。ならば杭抜きは、最後の〝オマケ〟工事でなく、最初に考えるべきもの。しかし、「既存杭問題」は、根深く潜む。問題の解消に日本杭抜き協会(東京都目黒区)が立ち上がった。専務理事の桑原秀一氏(マルシン社長)に、活動方針などを聞いた。(聞き手=坂元浩二)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

宅建解答速報号2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています