お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

ウェーブハウス 「土地BANK」好調 「5年で1000社導入へ」 地図型ツールで成約率向上

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 人口減少、情報化時代に求められる働き方改革や業務効率化、高度人材の育成――。日々の営業現場でこれらの課題解決に取り組むのが売買仲介専門フランチャイズ「イエステーション」に加盟するウェーブハウス(岡山市北区、市川周治社長)。自社開発の売買営業ツール「土地BANK」を活用し、短期間での人材育成と、顧客にとっても分かりやすい営業案内を目指す。同社の市川社長に自社の強みを聞いた。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています