お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

昭和、平成、そして…… 地面師は再び現れる 基本だが〝本人確認〟徹底を 持続成長社会へ 価値創造を拓く

この記事を読むのに必要な時間:約4分

 17年の本紙重大ニュースに取り上げた「地面師が暗躍」。昨年は、そのうち積水ハウスが被害にあった事件で、主犯格と見られる男を含め容疑者数人が逮捕された。そして、実質上の首謀者と見られ、フィリピンに逃亡していたカミンスカス(旧姓小山)操容疑者もフィリピン入国管理局に身柄を拘束されたと報道された。昭和から平成、そして新しい時代になっても、まだ現れる地面師について、その対策を追った。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています