お知らせ
電気の使用量でお部屋を見守る「見守り電気」月々300円の安心見守り アイキューフォーメーション

法制化と国家資格化を悲願 未来の新たな姿を 賃貸住宅管理業界の現状

この記事を読むのに必要な時間:約4分

 賃貸住宅管理業界が昨年、大きく注目された。残念ながら、一部の悪質な業者の話からだ。現状、国土交通省告示による賃貸住宅管理業者の登録制度はあるものの、法律上で未整備なことが、要因の一つにある。サブリース事業者を巡る問題も引き続き、その〝負〟の面でクローズアップされている。第一線に立つ賃貸不動産経営管理士の役割のより一層の明確化も急がれるべきところだが、賃貸住宅管理業界におけるこれら「法制化」と「国家資格化」の2つの悲願は、未だ、道半ばの状況にある。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています