山形のシェルター、巨大な木のお椀のようなパビリオンを展示

木構造メーカーのシェルター(山形市)はこのほど、東京で展示されていた木製のパビリオン「Global Bowl」(グローバルボウル)(設計:平田晃久建築設計事務所)を本社に移設し、展示を始めた。これは、「パビリオン・トウキョウ2021」(主催:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京、パビリオン・トウキョウ2021実行委員会/企画:ワタリウム美術館)の一環として製作され、2021年7月~9月まで国連大学前(東京都渋谷区)で展示されていた。木がねじれたり、からまったりしてできたような複雑な形状は、木材を削り出して製作した形の異なる102のパーツを組み合わせて作られている。シェルターが木材加工・施工を担当した。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています