登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

リスト、21年の海外不動産取引2倍に。主力のハワイが牽引

ハワイ不動産のイメージ

 リストインターナショナルリアルティ(横浜市中区、北見尚之社長)は1月27日、2021年の海外不動産取引件数が20年との比較で約2倍に増えたと発表した。新型コロナウイルス感染により海外渡航が難しい中で前年比207%増の実績となった。同社の主力商品であるハワイ現地とリアルタイムで中継をつなぎ、物件に内覧と説明などを実施し、オンライン商談での成約が約8割を占めたという。ハワイの不動産は、コロナ禍でも資産価値が保たれ、依然として底堅い人気とする。同社では、ハワイの大規模開発「ワードビレッジ」内の新築コンドミニアムも取り扱っている。

 21年のハワイの不動産市場について、同社によれば、オアフ島の売上高が20年と比較して戸建て住宅が17.9%増、コンドミニアムが53.1%増となり、全体で37.3%増加だった。価格帯は、戸建ての年間中央値が約1億1250万円(前年比19.3%上昇)となり、コンドミニアムが約5400万円(同9.2%上昇)だった。いずれも1億円以上の高額帯の売り上げが増えた。購入者の動向として、コロナで滞在期間が長期化していることで広さ・立地を求めているのが特徴という。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
意外な誤解好評発売中
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中
新聞定期購読

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています