登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

中古マンション表面利回りをAIで可視化 プライスハブル

東京都心は利回りが低く、郊外は高い。

 スイス発の不動産テック企業のPriceHubble(東京都千代田区)は、首都圏1都3県を対象に2021年12月に実施した、中古マンションの「表面利回り」に関する調査レポートを発表した。同社のAI査定価格推定システムを用いて、各市区町村に立地する中古マンションの価格と賃料相場を算出し、表面利回り(賃料/価格)をヒートマップで図示した。

 首都圏1都3県を全体として見ると、東京都心は4パーセントを切り、郊外は高くなっている(図参照・表面利回りは赤色が高い、青色が低い)。つまり、東京都心は賃料に比べて価格が高く、郊外はその逆で低いことを示している。

 東京23区内にエリアを絞ると、足立区・葛飾区・江戸川区の利回りが高く、5パーセントを超える。港区・渋谷区は23区内で最も低く、3・5パーセント未満となっている。また、城北・城東エリアの利回りが高く、城南・城西の利回りが低い状況が分かった。城東・城北は、23区内で見ると「お買い得」にマンションが購入できる状況にある、と同社は分析している。

 一方で、東京市部は、23区内よりも利回りが高い。ただ、武蔵野市・国分寺市などの都心に近い市の利回りは、23区内の一部の区よりも低い場合があると指摘している。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
宅建登録講習申込2022
意外な誤解好評発売中
2022不動産法令改正集_税金の本予約受付中
新聞定期購読

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています