【参加無料・WEBセミナー】不動産DXフェス2022/summer

JLLリカバリーインデックス、社会経済90ポイント回復も不動産投資市場が大幅下落

不動産サービス大手のジョーンズラングラサール(JLL)は12月13日、新型コロナウイルス感染影響からの回復度合いを示す独自の指標「JLLリカバリーインデックス」を発表した。コロナ前の2020年1月を100とする指標。それによれば直近10月末時点の社会経済は91.7ポイントと前月末より12.2ポイント上昇した。約半年ぶりに緊急事態宣言が解除され、20カ月ぶりに90ポイントを上回りコロナ禍の最高値を記録した。

11月は、新規感染者数の減少や自動車生産台数の増加、営業時間の制限緩和などで社会経済はさらに回復が進むと見通した。

ただ、不動産インデックスは10月末時点で62.4ポイントとなり、前月末比24.2ポイント低下した。賃貸市場がやや改善したものの、投資市場が低調で大幅に落ち込んだ。賃貸市場は74.5ポイント(同4.3ポイント上昇)となり、投資市場が50.2ポイント(同52.7ポイント低下)と大幅下落となった。取引件数、取引額はいずれも振るわなかった。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています