不動産テックEXPO

次世代モビリティ実現などへ東京・用賀に新たな研究拠点 GMO

 GMOインターネットグループ(東京都渋谷区)は、高層複合施設「世田谷ビジネススクエア」(東京都世田谷区用賀)の信託受益権55パーセントの取得を2021年11月22日に決めた。取得に伴い、施設の副名称を「GMO TOWER」(タワー)とする。最上階26階・27階を最新トレンドに対応した新たな研究拠点として活用し、情報発信していく。これに合わせて、東京・渋谷の本社オフィスは移転せずに機能を強化する。

 新拠点では、ドローン(無人航空機)などの次世代エアモビリティなどの「空の移動革命」に関する先端技術を研究する。さらには、3DCG(3次元コンピュータグラフィック)や感知センサーなどを用いるセンシング技術などを取り入れた最先端の映像制作・配信スタジオを配置し、地域や学生などのあらゆる人たちが創作できる場を提供する。具現化に向けて、周辺地域でまちづくりを担う東急や、施設管理者の東急コミュニティーとも連携していく。

 なお、施設の最寄り駅である東急田園都市線「用賀」駅の副名称を「GMO TOWER前」に変更する予定。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
中古住宅活性化プロジェクトWEBセミナーお申し込み
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
マンション管理士試験解答・解説2021
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています