登記サービスならNTTデータの地図クラウドサービス - BizXaaS MaP

21年度建設投資見通しは前年増、62.6兆円に 国交省

 国土交通省は10月19日、21年度建設投資見通しを公表した。それによると、21年度の建設投資は前年度比2.9%増の62兆6500億円の見通しとなることが分かった。
 内訳を見ると、政府投資は24兆5300億円(前年度比2.4%増)、民間投資は38兆1200億円(同3.2%増)。更に民間投資の内訳に着目すると、住宅建築投資は15兆3500億円(同1.5%増)、非住宅建設投資は16兆7400億円(同4.8%増)、建築補修投資(改装・改修)は6兆300億円(同2.9%増)となり、いずれも前年度を上回る見込みだ。
 建設投資見通しは、国内建設市場の規模と構造を明らかにすることを目的に、1960年度から毎年公表している。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
中古住宅活性化プロジェクトWEBセミナーお申し込み
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
マンション管理士試験解答・解説2021
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています