登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

三井不動産、芝浦機械 「(仮称)MFLP座間」の事業推進決定

 三井不動産は、工作機械メーカー・芝浦機械の相模工場(神奈川県座間市ひばりが丘)一部敷地で大型物流施設「(仮称)MFLP座間」を建設する。このほど、同社と芝浦機械の共同開発事業として同計画推進を決定した。22年5月着工、23年9月の竣工予定。

 同計画は、国道246号線に面する約6万2810平方メートルの敷地に、ダブルランプウェイを備える4階建て合計延べ床面積約13万平方メートルのマルチテナント型の物流施設を建設。東名高速道路・綾瀬スマートICから約4.5キロ、横浜町田ICや圏央道・厚木IC、国道16号線へのアクセスもよい。首都圏一帯を様々な道路網でカバーでき、都心から全国各方面への輸送効率が高い。最寄り駅はJR線直通の相鉄線・さがみ野駅で、徒歩10分で着く。通勤利便性に優れる。周辺の人口が多く、雇用も確保しやすい。

 ZEB認証の取得を予定している。屋上に設置する太陽光パネルによる再エネ電力供給や、屋内照明のLED化で省エネを推進する計画。自然災害に備えた非常用発電設備を採用するほか、備蓄品も確保する。敷地内緑地に歩行者空間を設けるなど、環境に配慮したサステナブルな物流施設にする。

 三井不動産は、12年に物流施設事業部(現ロジスティクス本部)を立ち上げ、物流施設開発に取り組んでいる。「三井不動産ロジスティクスパーク(MFLP)」を旗艦ブランドとして、国内外で開発・運営施設47物件を展開している。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
宅建登録講習申込2022
宅建解答解説2021
中古住宅活性化プロジェクトWEBセミナーお申し込み
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています