登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

潜在空室率が19カ月ぶりに低下、7.40%に 三幸エステート

 三幸エステートが9月10日に公表した8月・大規模ビル(1フロア面積200坪以上の賃貸オフィスビル)市況によると、東京都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)における潜在空室率(現空床に加え、退去前の募集床も対象)は前月比0.09ポイント低下の7.40%となった。これは19カ月ぶりの低下で、新型コロナ感染拡大以降、初の低下となる。今後、横ばい、低下傾向に移るかが注目される。
 空室率は同0.24ポイント上昇の3.50%、募集賃料(共益費込み、月額・1坪当たり)は同19円上昇の2万8739円。空室率は13カ月連続の上昇。賃料は小幅だが、3カ月ぶりに上昇した。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
解答速報号申込2021
宅建解答解説2021
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
宅建解答速報2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています