人生三大資金の中で最も検討されていないのは「住宅資金」 GA調べ

 不動産テック総合サービス「RENOSY」を運営するGAテクノロジーズが実施した「資産形成と住まい」の意識調査によると、老後・教育・住宅の人生三大資金の中で、最も検討されていないのは「住宅資金」であることが分かった。住宅資金について「検討していない」と回答したのは全体の27.1%で、老後資金(14.5%)、教育資金(12.4%)を大きく上回った。
 住宅資金について「検討していない」理由として最も多かったのは「十分な知識がないから」となった。一方で、各資金の準備金額として最も高額だったのは住宅資金で平均2119万円となり、老後資金(平均1984万円)と教育資金(平均1184万円)を上回った。なお、同調査結果では「住宅資金」について検討している人は、住まいの資産価値や売り時を意識する傾向が高い点も報告している。

 同調査は今年7月、東京23区在住で未就学の子供がいる世帯年収1000万円以上の家庭(25歳~45歳の男女550人)を対象に、インターネットで実施した。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
宅建解答速報2021
解答速報号申込2021
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています