登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

初期費用概算書を素早く作成、賃貸仲介会社のDXを推進 いえらぶG

 いえらぶGROUPは6月18日、賃貸物件契約時の初期費用概算書の作成機能をリリースした。これによって、仲介会社は概算書を短時間で作成することが可能になり、業務の負荷軽減が期待できる。

 新機能は、クラウド上で簡単に初期費用の概算書を作成するもの。日割りや端数の計算もワンクリックで可能なため、誤入力などのヒューマンエラーを防ぎながら作業工数減が見込める。同社ではこれまで不動産会社の日常業務を支援するクラウドサービス「いえらぶCLOUD」を通して、帳票を簡単に作成する機能や、RPAを用いて自動で帳票作成する機能を提供してきた。今回、契約に必要不可欠な帳票だけでなく、初期費用の概算書作成へのニーズの高まりを受け、新機能の開発に至ったという。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
中古住宅活性化プロジェクトWEBセミナーお申し込み
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
マンション管理士試験解答・解説2021
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています