登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

地所レジ 型枠パネルのトレサビ確保、国際認証取得で強化

 三菱地所レジデンスは、新築分譲マンション施工時の型枠コンクリートパネルについて、トレーサビリティ(木材の生産地や生産過程の情報を追跡できること)の確保を強化する。これまで実施してきたスキームに代えて、このほど取得した国際認証を活用していく。また、木質系廃棄物のリサイクルにも取り組む。いずれも7月に販売開始予定の「ザ・パークハウス高輪松ヶ丘」(東京都港区高輪)より取り入れる。

 同社は従来、型枠コンクリートパネルのトレーサビリティを確保するため、『森林から木材卸』までの過程で認証制度の認証を取得。ただ『型枠加工から施工』の過程は、認証取得の有無について関連会社間でばらつきがあったため、当該過程については日本ガス機器検査協会の第三者証明を同社が取得。この独自スキームによりトレーサビリティを担保してきた。

 今回、『型枠加工から施工』の過程について、国際的な非営利団体であるFSCのプロジェクト認証を取得。国際認証の取得により、トレーサビリティ確保の強化を実現した。

 また木質系廃棄物のリサイクルについては、廃材の回収からパーティクルボードの製造・加工、配送までを一貫して手掛ける東京ボード工業と提携。足場の板などの周辺部材を含めて、施工時に出る木質系廃棄物を破砕・チップ化し、パーティクルボードに再生させ、新たな建設現場で使用するサイクルをつくる。

 三菱地所グループは、建設時に使用する型枠コンクリートパネルに、持続可能性に配慮した調達基準にある木材(認証材、国産材)と同等の木材を使用。その使用率を2030年までに100%とする目標を掲げている。これに沿って今後はオフィスビルでも、型枠コンクリートパネルのトレーサビリティ確保を強化する可能性があるという。

 

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読お申し込み
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています