不動産のプロを目指すなら不動産仲介士

城下町の歴史的建造物活用で事業者と連携する実証実験へ 熊本市

活用する町屋の改修前(写真左)と改修跡

 熊本市は、2020年6月に熊本市歴史的風致地区維持向上計画(くまもと歴史まちづくり計画)が国に認定されたのを受け、熊本城を擁する城下町の景観や活力を創造・維持するため、歴史的建造物などを活用した実証実験を2021年3月21日から同年4月11日まで実施する。町屋の活用や、テナントの誘致、蚤の市を開催する駐車場の活用、ライトアップによる夜間景観を生かし、まち歩きも交え、物件・土地所有者やテナント、来場者などと共に、今後の利活用を維持していくための持続可能な仕組みづくりを実践して検証する。

 城下町として発展してきた新町・古町地区を対象に地域住民や民間企業、行政の協働体制で歴史的建造物を活用する将来的なまちづくりを見据えたプロジェクトを展開していきたい考え。長期的なコンセプトを「五感散歩」とし、「感性が刺激され、つい歩いてみたくなるような、小さなデザインがあふれるまち」を目指すという。地域資源である歴史的建造物の家主と、まちづくりのビジョンに沿った事業をマッチングさせる仕組みづくりを考えていく。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
重要事項説明書補足資料(改訂第10版)はただいま好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています