不動産仲介士 21年度第1期試験受付中

横浜と埼玉、京都で物流施設開発用地を取得へ 霞ヶ関キャピタル

 

 不動産コンサルティングの霞ヶ関キャピタル(東京都千代田区)は、販売用の不動産となる、同社の物流施設ブランド「LOGI FLAG」の開発用地として、横浜市内で約6000平方メートルの土地を2021年3月に、また、京都市内で約1万1000平方メートルの土地を2021年5月に、埼玉県久喜市内でも約7300平方メートルの土地を2022年1月に取得する。

 EC(電子商取引)の拡大による物流施設の需要が高まっている。また、冷凍冷蔵倉庫の設備投資、冷凍食品の消費増加によって冷凍冷蔵倉庫自体の重要が拡大しており、これらニーズに応える。同社では2020年6月に物流事業部を設置するなど、物流施設の開発に参入して事業を強化している。

 今後、そのほかに物流施設の開発を予定している案件は次の通り。

 千葉県船橋市(冷凍冷蔵)建物延べ約7143平方メートル(2021年8月着工・2022年秋竣工)▽千葉湾岸エリア(冷凍冷蔵)建物延べ約8600平方メートル(2021年8月着工・2022年夏竣工)▽埼玉ふじみ野市(ドライ)建物延べ約1万4500平方メートル(2022年6月着工・2023年6月竣工)▽埼玉県久喜市(ドライ)建物延べ約1万4000平方メートル(2022年1月着工・2023年1月竣工)▽横浜港北エリア(冷凍冷蔵)建物延べ約1万2000平方メートル(2022年8月着工・2023年9月竣工)▽京都府京都市(用途タイプ未定)建物延べ約1万8000平方メートル(着工・竣工時期は未定)

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
住まいと暮らしの税金の本 2021年度版は予約受付中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています