登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

サービスアパートメント事業に新規参入へ  帝国ホテル

客室のイメージ

 帝国ホテル東京は、新規事業として、サービスアパートメント事業を2021年2月1日に開始した。同日、同年3月15日からの利用予約の受付を始めた。ホテルのリソースを活用して旅館業法に基づき、ホテル内サービスアパートメントの新しい住み方を提案する。エグゼクティブ層を中心に「第2の仕事場」などとして利用を訴求する。

 同ホテル・タワー館の客室3フロアの一部を改修し、99室のサービスアパートメントとした。一般的なサービスアパートメントと違い煩雑な契約手続きがなく、都心での生活を気軽にスタートできる。客室内にキッチンや大型冷蔵庫などはないため、専属サービスアテンダントが24時間対応し、食事や洗濯などはサブスクリプション方式で提供する。利用料金はスタジオタイプ(約30平方メートル)で月額36万円(税込み・サービス料金込み)で提供する。最低宿泊日数は5泊からで15万円(同)。ホテル内の設備の駐車場やフィットネスセンター、プールやサウナ、予約制でミーティングルームなども使える。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
先行登録キャンペーン
意外な誤解好評発売中
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています