お知らせ
展示会招待券(無料)お申込み 住宅・ビル・施設Week -入力画面-

ホステルをオフィス転用でクラウドファンディング運用 ブリッジ・C

 資産運用サービスのブリッジ・シー・キャピタル(東京都中央区)は、東京・東上野のインバウンド(外国人観光客)向けホステルをあらかじめ内装整備済みのセットアップオフィスにコンバージョンで用途転用し、同社の運営する不動産投資クラウドファンディングサービス「CREAL」で運用を始める。REITでは同様な事例があるものの、クラウドファンディングでは初の取り組みという。コロナ禍で需要の厳しいホテルでも、安定した収益を得られるスキームを取り入れたのが特長となる。

 運用物件は、ホステル「Q Stay and lounge上野」で、運用期間中にオフィスとして賃借することで、入居テナントからの賃料収入と、その後の物件売却で得られる代金を投資家に配当、元本償還する仕組み。当該物件では同社グループが入居予定となっている。2020年11月10日には投資口申し込みの募集を始めている。同社では今回のようなスキームを他物件でも広げていく考え。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2020年度12月宅建試験向け 本試験ズバリ!直前予想講座
受験対策講座2020
重要事項説明書補足資料(改訂第10版)はただいま好評発売中
宅建解答速報号2020

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています