快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

投資家3割がコロナ禍「影響ない」と回答 不動産投資の教科書調べ

 メディア運営の、不動産投資の教科書(東京都港区)は、10月上旬の2日間に不動産投資家330人を対象に行った「コロカ禍の不動産投資」の実態調査の結果をまとめた。

 投資家の33・6パーセントがマイナスの影響がなく、87・0パーセントは今後も投資を継続すると回答。今注目の物件は「マンション」(49・4パーセント)、「ワンルーム」(34・5パーセント)、「アパート」(34・5パーセント)と続く。また、89・1パーセントの投資家は、今般のコロナ禍で、優良な物件の紹介や困った時に相談できる「不動産投資パートナー(会社)」が重要と答えている。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
住まいと暮らしの税金の本 2021年度版は予約受付中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています