お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

沖縄・アパートメントホテル開発用地を売却 霞ヶ関キャピタル

ホテルの完成イメージ

 不動産コンサルティング業の霞ヶ関キャピタル(東京都千代田区)は、沖縄県石垣市内で保有していたホテル用地を、合同会社NLI3号(沖縄県石垣市)に売却した。売却価格は明らかにしていないが、同・合同会社では家具・家電付賃貸マンションと同程度の居住空間を持つ「アパートメントホテル」を建設する予定。

 霞ヶ関キャピタルとSBIソーシャルレンディング(東京都港区)、玄海インベストメントアドバイザー(東京都千代田区)の3社では、これまでに同ホテル開発計画で協業してきており、今回、同・開発用地を玄海インベストメントアドバイザーがフィナンシャル・アドバイザリーを務める同・合同会社に譲渡した。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています