お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

JLL、新型コロナによる投資家の不動産市場への影響調査

 JLLは、新型コロナウイルスによる不動産市場への影響について投資家調査を実施した。それによると、投資家の約75%が今後も積極的に不動産へ投資する考えを示した。一方、コロナ後も投資対象物件不足が継続すると予想。また、情報不足や物理的制約などが投資判断の障害になるとしつつも、同社では、首都圏を中心に柔軟な対応で、投資家の積極的な投資姿勢が印象的だったとした。

 投資場所については、約5割の投資家が首都圏への投資を検討。首都圏以外では11.7%が福岡への投資を検討しており、投資意欲の高さが顕在化している。今後の投資戦略は、「オフィス」「レジデンシャル」「物流」で、全体の6割以上を占める。

 調査は、ディベロッパーやJ―REIT、国内外ファンド、金融機関などを対象に、4月20~27日に実施。有効回答数は235件。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点
在宅・オンラインに関するWEBアンケートご協力のお願い

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています