お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

小田急不が投資用不動産開発事業に参入、川崎で第1弾の木造賃貸

 小田急不動産は1月27日、神奈川県川崎市で同社の投資用不動産事業として初の案件となる、大型木造賃貸住宅「ビューテラス白鳥」を開発したと発表した。一定期間賃貸運用を行った後、投資用不動産として売却する方針。
 同物件は小田急多摩線栗平駅から徒歩8分の立地で、敷地面積は約1000平方メートル。木造3階建ての長屋形式で総戸数は11戸、延べ床面積は合計で約880平方メートル。間取りは2~3LDK。
 同社は「開発に当たっては収益性を念頭に置き、周辺の賃料相場なども考慮して投資用不動産としての商品性を確保した」とするほか、「全国の主要都市を対象に投資用不動産の開発事業に取り組んでおり、同物件のような木造賃貸住宅も投資需要が見込まれることから、今後も継続的に事業化を推進していく」とコメントしている。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています