お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

未来の駅のサービスを体験 地域鮮魚の瞬間凍結、無人ロボットパスタカフェなど JR東日本スタートアップ

あいさつする柴田社長 ブランテックインターナショナルが開発した瞬間に凍結する技術。ものの数秒で鮮度を保ったまま冷凍される

 JR東日本スタートアップは12月4日から9日まで、さいたま市の大宮駅西口イベントスペースで、ベンチャー企業と作り上げる新しいサービスなどを体験できるイベントを開催している。
 このイベントは、「STARTUP_STATION」といい、駅や鉄道、グループ事業の経営資源や情報資産を活用したビジネス・サービスの提案をオープンに募り、ブラッシュアップを経て提案を実現していくもの。3回目の今年は262件の提案が集まり、うち21件を採択。今回のイベントでは4件の協業内容を実際に体験できる。
 その4件は、(1)MIRAI SAKE COMPANYの「AI味覚判定を活用した、日本酒推奨サービス」、(2)Qbit ROBOTICSの「無人ロボットパスタカフェ」、(3)ブランテックインターナショナルの「ハイブリッドアイス(瞬間凍結技術)による地域鮮魚の首都圏流通拡大」、(4)ブイシンクの「ウルトラ自販機による無人駅弁・スイーツ販売」。

 イベント初日の4日は、報道陣に公開された後、一般客に開放。多くの駅利用客が足を止め、興味深そうにスタッフの説明に耳を傾けていた。

 あいさつに立ったJR東日本スタートアップの柴田裕社長は、「ベンチャー企業21社の21のスタートアッププランが集まり、新たなチャレンジをやりきる場となった。この大宮駅は利用客数50万人が行き交う駅であり、ここでの実証が気づきとなり、改善に生かせる。先般発表した高輪ゲートウェイ駅での無人店舗販売も、2年前にここで生まれたものだ。我々は皆さんの実証実験フィールドをJR東日本グループとして提供している身だが、展開できるサービスは経営にも関与して発展させていきたい」と新たなサービスの構築に意欲を示した。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています