お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

消費者動向調査、消費増税の影響は無いが過半 FRK

 不動産流通経営協会(FRK)は11月6日、毎年実施している2019年度の「不動産流通業に関する消費者動向調査」の結果をまとめた。現預金など自己資金の利用率は新築購入者で減少傾向が続き、既存住宅購入者で増加に転じた。親からの贈与の利用者平均額は新築で861万円、既存住宅購入者で767万円だった。消費税10%への増税の住宅購入に与えた影響は、「特に影響はなかった」が57.6%を占めた。

 購入決定の理由は、資金面で「金利の低さ」、環境面で「駅近」、住宅の質の面では「間取り」や「広さ」の割合が高い。意識面で「資産保有」を理由に挙げ、身辺事情として結婚や出産、子供の独立など「ライフイベント」の変化を回答した人が多い。

 調査は首都圏1都3県(東京・神奈川・埼玉・千葉)で18年度に購入した住宅の引渡しを受けた世帯を対象に、ウェブアンケートで実施。2880票を送付し、955票の回答(回答率33.2%)から集計した。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
宅建解答速報号2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています