お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

国内初というCLT独自工法の4階建て賃貸住宅販売へ 大東建託

外観イメージ(4階建て3戸並び全12戸)

 大東建託は10月1日から、独自開発したCLT(直交集成材)工法による木造4階建て賃貸住宅「Forterb」(フォルターブ)の販売を開始する。これまで課題とされた耐熱性や施工性、事業性、工期を解消し、CLTを規格化・工業化した賃貸住宅の販売は、国内初という。

 重厚感や木質感、モダンをデザインコンセプトに、シングル向け1K・1DKを基本プランとする。同社は2015年度から3階建て全6戸の実験棟を建設し、検証を重ねてきた。今後、CLT住宅の普及に取り組み、国内のCLT建材の活用を促進し、土地活用での賃貸住宅の選択肢を広げる。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています