お知らせ
不動産コンサルティング技能試験

「気候風土適応型PJ」19年度第2回の提案募集を開始 国交省

 国土交通省は7月22日から、19年度「サステナブル建築物等先導事業(気候風土適応型)」(気候風土適応型プロジェクト2019)の第2回提案募集を開始する。地域の気候風土に応じた木造建築技術を活用し、伝統的な住文化を継承しつつ環境負荷の低減を図るモデル的な住宅に対して、国が建設工事費の一部を補助する支援事業。応募期限は9月2日で、11月に採択事業を公表する予定。
 主な事業要件は、地域の気候風土に応じた木造建築技術を活用していることのほか、「環境負荷低減に寄与する複数の対策」「長期優良住宅または低炭素住宅と同程度の性能を持つこと」など。補助対象費用は住宅の建設工事費のうち、先導的技術を導入した場合としない場合の工事費の差額。原則として補助率は対象費用の2分の1、限度額は建設工事費全体の10%または戸当たり100万円のうち少ない額。
 事業要件や募集要領、応募様式などの詳細は、同先導事業評価・審査室のホームページ(https://www.kkj.or.jp/kikouhuudo/)を参照のこと。問い合わせはメールkikou@kkj.or.jpまたは電話03(5579)8757へ。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています