お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

上場企業の不動産売却 18年度は低水準に 東商リサーチ

 東京商工リサーチの調査によると、18年度(18年4月~19年3月)に国内不動産を売却した上場企業(東証1部・2部)は58社で、93年度の調査開始以来2番目に少ないことが分かった。同社ではその要因として(1)業績が好調だったことに加え、低金利での資金調達環境が続き所有物件の売却動機が弱かった(2)リストラが一巡し、土地売却など新規の物件供給が減少した(3)買主側も新規供給が少ない中での不動産価格の高止まりや過熱感が意識され、取引を慎重にしたーーことを挙げている。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
不動産コンサルティング技能試験解答速報号2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています