お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

気候変動に関する透明性の高い情報開示を目指す 大東建託

 大東建託はこのほど、金融安定理事会(FSB)が設立した「気候関連財務情報開示タスクフォース」の提言に賛同し、気候変動が事業に及ぼす影響について情報開示を更に推進することを決めた。同社ではそのリスクなどを把握し、環境報告書や統合報告書などのツールを通じて透明性の高い情報を開示していく。

 FSBは主要国の中央銀行や金融規制当局で構成し、同提言は、金融の安定性の文脈から気候変動問題が議論される初めてのイニシアチブとなり、企業などに気候変動が事業に与える影響について情報開示することを求めている。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています