お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

東急不、北海道初の蓄電池併設型風力発電の運転開始

  東急不動産と日本風力開発は、北海道松前町のリエネ松前風力発電所の運転を4月3日に開始した。蓄電池システムを利用することで、風による発電の出力変動を吸収し、安定した電力供給を可能とした。同発電所は、シーメンス・ガメサ・リニューアブルエナジー社製の風車(定格出力3400キロワット)12基を採用し、一般家庭3万世帯分の年間消費電力に相当する発電量を想定している。タワーの高さは94メートル、プレートを含めた全高は148メートルとなり、19年4月時点で運転している風車としては、日本最大となる。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています