お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

福島県南相馬市で「泉の一葉マツ」の後継樹を植樹 住友林業

 住友林業は2月21日、福島県南相馬市で「泉の一葉マツ」後継樹の植樹を行った。
 「泉の一葉マツ」は福島県指定の天然記念物。推定樹齢400年で、長年地元で愛されてきた。しかし東日本大震災以後、松くい虫被害によって樹勢が大きく衰えていた。
 南相馬市は後継樹育成の可能性を模索する中、岩手県陸前高田市の「奇跡の一本松」で増殖を成功させた同社に協力を依頼していた。
 同社は松ぼっくりの内部にわずかに残った種子を採取。15年3月に発芽し、18 年末には成長した苗に「泉の一葉マツ」の特徴である一葉の出現が観察され、今回の植樹に至った。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています