お知らせ
不動産のプロを目指すなら不動産仲介士

「気候風土適応型PJ」18年度第2回公募で3件を採択 国交省

 国土交通省はこのほど、先導的な技術の普及啓発に寄与する「気候風土適応型プロジェクト2018」に3件を採択した。同プロジェクトは、地域の気候風土に応じた木造建築技術の継承・発展などを図るため、伝統的な住文化を継承しつつ環境負荷の低減を図るモデル的な住宅に対して、国が建設工事費の一部を支援する「サステナブル建築物等先導事業(気候風土適応型)」に採択された応募事業の略称。
 今回採択されたのは、m5_architecte一級建築士事務所の「志摩の小庭 いかだ丸太の家」(三重県志摩市)、シティ環境建築設計の「川越の土壁町家屋」(埼玉県川越市)、ビオフォルム環境デザイン室の「日高の家」(埼玉県日高市)。詳細や過去の採択プロジェクトなどはhttps://www.kkj.or.jp/kikouhuudo/index.htmlで公表されている。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています