お知らせ
電気の使用量でお部屋を見守る「見守り電気」月々300円の安心見守り アイキューフォーメーション
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

建築断熱材などの需要増で発泡プラ市場は拡大見込み 富士経済G

 富士経済グループの富士キメラ総研(東京都中央区、田中一志社長)は11月26日、建設や自動車などの分野で使用される「発泡プラスチックス」の市場を調査し、発表した。調査項目は「熱可塑性樹脂フォーム」(21品目)「発泡ゴム・エラストマー」(5品目)など、計34品目。
 同調査によると、18年の市場は原料価格高騰に伴う単価上昇の影響などもあり、前年比8.1%増の6604億円の見込み。19年は、消費税増税前の駆け込みが予想される住宅の断熱材や、ホテルなどを中心とした非住宅建築物の断熱材として需要が増加し、6828億円へと市場の拡大が見込まれている。また20年以降は伸び率が鈍化するものの堅調に推移し、22年の市場規模は17年比13.7%増の6948億円へと拡大する予測となっている。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています