お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

衛生システム「GTS」の権利をケニアの企業に譲渡 LIXIL

 LIXILは19年3月をめどに、持続可能な衛生ソリューションシステム「グリーントイレシステム(GTS)」の技術をケニアの民間企業であるエース・エンバイロメンタル・コンサルタンシー社(ACE社)に譲渡する。今回の譲渡は、LIXILが掲げる目標「2020年までに世界で1億人の衛生環境を改善する」の達成に向けて実施するもの。
 GTSはLIXILが約10年かけて開発した、水を使用せずに安全に排泄物を処理し、肥料として再資源化するトイレシステム。ACE社は東アフリカ地域で農業排水の浄化やグリーンエネルギーの創出などの実績を持つ。また、両社は過去2年間、GTSの実証実験をケニアで協働してきた。
 こうした経緯を踏まえ、LIXILはGTSに関する設計図や技術、販売権利などすべての権利をACEに譲渡。譲渡後はACE社がGTSの事業展開を進めていく。
 

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
重要事項説明書補足資料(改訂第10版)はただいま好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています