お知らせ
スマート物確  24時間365日、人の代わりに物件確認を自動音声が対応します

同性カップルで「同居の経験あり」は6割 スーモ調べ

 リクルート住まいカンパニー(東京都港区)は、同社が運営する不動産・住宅サイト「SUUMO(スーモ)」で「同性カップルの住まい探しや同居してからの生活」に関するアンケート調査を行った。それによると、同性カップル(n=364)のうち「現在同居している」(22.8%)、「過去に同居したことがある」(38.2%)を合わせると約6割(61.0%)で、5人に3人が同居経験のあることが分かった。実際に同居してよかった点については、「気持ちが安らぐ場所ができた」(52.7%)、「互いの価値観を知ることができた」(49.1%)という回答が上位を占めた。一方、同居したことがない人(n=142)にその理由を聞くと、「世間の目が気になる」や「資金がない」などが挙げられた。
 調査は、インターネット調査で3月に実施。LGBTに該当し、かつ同性のパートナーがいたことがある全国の男女18~59歳が対象。有効回答数364人(男性カップル227人、女性カップル137人)。
 

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています