快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

部屋探しの実態調査(首都圏) 訪問数は平均1・7店舗

 リクルート住まいカンパニーがこのほどまとめた「2013年度賃貸物件契約者調査(首都圏版)」によると、部屋探しの際に、不動産会社に訪問した数は平均1.7店舗だった。訪問店舗数は年々減少傾向となっている。 最も多かったのが「1店舗」(50.2%)で、次いで「2店舗」(22.3%)、「3店舗」(12.4%)の順だった。

 世帯構成別で見ると、一人暮らしの学生は「1店舗」のみが55.8%と全体よりも高い。訪問数2店舗以内で9割強を占めた。

 物件情報サイトには物件ごとに数多くの写真や動画を掲載されているため、希望物件を絞りこんでから店舗を訪問している様子がうかがえる。

 また、「物件決定の際の設備・仕様の必要度」について聞いたところ、上位5位は、1位「インターネット接続可(無料)」(59.6%)、2位「テレビモニター付きインターフォン」(46.9%)、3位「追いだき機能付きの風呂」(45.4%)、4位「2口以上のガスコンロキッチン」、(44.9%)、5位「宅配ボックス」(44.2%)だった。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
住まいと暮らしの税金の本 2021年度版は予約受付中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています